プログラミングスクールで失敗しないためには

subpage-img

2020年から小学校にてプログラミング学習が必修科目となるため、プログラミングスクールが注目されています。

プログラミングスクール 就職支援

注目されているまでは良い話ですが、実際にプログラミングスクールに通ってみると、失敗してしまう事例は数多いです。

例えば失敗談の代表格として、自身の目標設定の曖昧さもしくは目標のなさが挙げられます。プログラミングスクールはエンジニアやWebサービスなどプログラムの専門的な知識を提供する場であるため、通常の塾や教室よりも難解です。



その難解さゆえにスクールに通う足が遠のき、結局卒業までフェードアウトしてしまう生徒が多々います。


こうした事態を避けるためには事前に目標を掲げ、自分のレベルに丁度良いプログラミングスクールを見つける事がお勧めです。

スクールによっては無料体験を実施しているので、そこで自分との相性を図っても良いと言えます。

実のところ個人の力量では限度があったとしても、事前の適性調査は大切です。失敗談のなかには目標があっても、スクールの授業のスタイルとかみ合わずに躓いてしまった事例もあります。

プログラミングスクールではマンツーマンスタイルと講義スタイルの2種類があり、それぞれでメリットとデメリットがあるのが実際のところです。


前者は自分の速度で勉強が出来るものの、他の受講者をうかがい知る事ができず、後者は他の受講者との一体感がありますが、比較されやすいので自分の勉強が遅れていたら焦ってしまいます。



いずれにしても一長一短があるわけです。

top